上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日だけれど家内の買い物には午前中つきあったので、
昼から走ることにした。
コースはいつものように岩屋までの西回り。
家を出て竹谷の信号を左折し、少し季節風が向かい風の中のんびり走って行く。
郡家のカーブを右へ進むと直線コースになる。
すると遥か前方にライダーの影が見えた。
途端にのんびりムードが消え、戦闘モードに(笑)
追いついて追い越そう!
そう言い聞かせると、30km/hくらいにスピードアップした。
だんだん影が近づいて来てどんなライダーか判ってくる。
ん?フラットハンドル?
ハアハア!!あと50mほどだ。
もう少しで・・・・
ところが、ここからなかなか縮まらない。
私に気付いたのか、スピードをアップした模様。
これじゃ、追い抜いたとしても追い返されそうだなあ。
そう思ったら、このままの距離を保って・・・
そんな気弱な自分が出て来てしまった(悲)
しばらく付かず離れずで、仲間のBlackさん宅近くの坂道に差し掛かった時、
突然、ビンディングを外している姿が目に飛び込んで来た。
あ、ストップするのか?
では、仕方なく「こんちわ~、速いですねえ」と追い越す。
そして淡路高校の信号が赤だったので止まったところ、すぐに
追いついて来られて、「三原から出て来て4時間で帰ろうと思っています」と、
挨拶をされたのだった。
で、私が引っ張る格好になって・・・。
同年代やなあ。
負けるわけにはいきません(笑)
岩屋まで全速力じゃ(笑)
最初は真後ろにピッタリと着いて来ていたようだったが、
岩屋のファミマに着く頃には姿が見えなくなっていて、
待ち構えて写真を撮らせてもらった。
P1060919.jpg
左を走っておられたが私の姿に気付かれて右側へ。

「速いですねえ」
「いえいえ」
「長いんですか?」
「1年ほどです」
「えッ?まだ1年でその走りですか!?」
「南あわじ市の講座に入っておりまして・・・」
「もしかして、N岡さんの?」
「はい、N岡さんは今、娘さんのいるニュージーランドですけどね」
「へえ~!あの方の自転車はすごいですよね?」
「ええ、200はくだらないそうです」
「何をされてる方なんですか?」
「今は何もされていませんよ。元○○で、悠々自適生活ですわ」
「ああ道理で・・・人なつこくて・・・」
「申し遅れましたが私S田と申します」
「私はG藤と申します」
「N岡さんによろしくお伝え下さい」
「はい、わかりました。でも1ヶ月は戻って来ませんよ」
「1ヶ月もニュージーランド、って羨ましい限りですね」
「では!」
「では、また」
スポンサーサイト
今日は昨日みたいな天気にはならないだろう。
でも西高東低の冬型気圧配置で寒そうだなあ。
ま、太陽も出ているし・・・
昨日の逆コースで福良まで行ってみますか・・・。

P1050268.jpg
てな訳で昨日の梅ノ木を再び撮ってみた。

ここから66号線に戻って掃守方面へ。
榎列の信号を右折して西淡インターのある道に出た。
そして左に目をやると同じロードランナーが約100mほど先を走っている。
遠目ではあるが私よりもスリムで長身のようだ。
ロスのないシッカリした漕ぎ方だ。
黒地に赤のサイドラインの入ったおしゃれなウェアを着ている。
ん?もしかしてTEDさん?(よく似たスタイルだ)

前方にランナーを発見した以上、追いつき追い越せ!である(笑)
メーターを見ると28km/hくらいだ。
あれ?距離が縮まらないぞ?
ユックリ走っているようで実際は結構速いのかも?
よし、本気で走ろう!
でもなかなか追いつかない。
ひょっとすると気がついて逃げている?
いつの間にか志知小学校前まで来てしまった。
よ~~し!グイグイ!!
やっとジャスコ前を過ぎたところでキャッチ!
追い越しざま「こんにちは~~」と横顔を見たら
見るからに私よりも年配者。
追い越したものの・・・とならないように(笑)
福良の中山峠で差を広げて・・・福良口の信号で赤ストップ。
しばらくして来られたので信号を過ぎたところで一服し、話した。
すると年齢66歳。松帆のN岡さんとおっしゃる。
昨日はF岡さんで今日はN岡さんか(笑)
どうやらまだ初めて1年くらいにしかならないとか(ビックリ)
若い人を集めたくて今度【教室】を開く予定だとか。
今から大見山まで行くんですがどうですか?と誘われたが、
郵便局に用事があって・・・と断った(;~〓~) アセアセ
ではまたお会いしましょう、と言い合って別れた。

そして郵便局へ行ったら行ったで・・・
えらいにこやかに出迎えてくれる男性がひとり。
「自転車ですか?どちらからですか?」
「はい、津名の方からです」
「へえ~、どれくらいかかりますか?」
「はい、1時間少々ですかね」
その後も根掘り葉掘り・・・
挙句の果てが、「ちょっと見せてもらえます?」てんで、
「ええ、どうぞどうぞ」
しばらく話し込んでしまった。
どうやらマラソンで走っているけれど自転車に興味を抱き始めた様子。
サイクルショップ135さんのお店のことをお話して、
「いつか一緒に走りましょう」
といって別れた。
何だか嬉しいですね。
P1050263.jpg
雨のち晴れ・・・のち雨のち晴れ、昨日はそんなケッタイな天気に翻弄された。
阿万まで行く途中で雨に会い三原で雨宿り。
阿万付近で晴れ間が出て来て、帰りにはまた弱雨。
そして鮎原を過ぎていつもは通らない中邑方面へと上がって来たところ
写真の梅ノ木に目を奪われ、立ち止まった。

P1050264.jpg
写真を撮っていると下の方で声がするので、目をやると
年配の男性が数人集まって何かしている様子。
ゲートボール?いやどうも違うようだ。
好奇心旺盛な私は写真をやめて近づいて行った。

P1050266.jpg
「ああ、ペタンクでしたか」と声を掛けたところ、
ペタンクを知っているのか?というような少し驚きの顔で、
「どこからおいでたん?」と聞かれたので、
「大町です」と言ったら、
「ああ、地元の人かいな。ペタンクをよう知ってたなあ」と言われたので、
「30年ほど前に勤めていたホテルでやってました」と答えたらまた少し驚いた様子だった。

それよりも驚いたのは
「そうか地元か~。ではS.Jさんは知ってるか?」と聞かれたので、
「ええ、勿論です。我らがチームのキャプテンです」
「失礼ですが、お名前を・・・」
「F岡と申します。」

そんな訳で、ゴンキャプテン。
どうやらキャプテンの先輩?のようでした。
いつも通らない道を走らせたのはこの方と会わせる為?(笑)
P1050102.jpg
家の前の池には薄氷が張っている。
でも天気予報では3月下旬の気温になるとのこと。
お昼から出掛ければきっとポカポカと・・・
案の定、今日は最高の走り日和。

P1050100.jpg
途中、いい感じの田舎の景色に目を奪われる。
これが淡路市のいいところだと思っている。
4日連続での走行に筋肉は悲鳴を上げているが、こういうのを「痛気持いい」と言うのだろう。

しばらく山間部を走っていると・・・

P1050109.jpg
竹やぶの近くで火を発見!
暫く見ていたが、(危なそうだなあ。声掛けしよう・・・)と降りて行った。
「大丈夫ですか?」
『ええ、大丈夫ですよ』と気楽な返事に(私なら焦っているなあ)と心の中で呟いた(笑)
どうやら、道に覆いかぶさっていた竹などを刈ってあったらしく、
今日は風もないので燃やそうと思い立ったらしい。

こんな作業を有志を集めて全島的なものにしたいとここ2~3年考えています。
そんな私の思いをお伝えしたら、
「大賛成です。私も社会に何か貢献したいと思っています」とのこと。
そして、この3月までは町内会長さんらしいのですが、それからはワタクシとして
地域に貢献したいなあと考えていたとのことでした。
年齢は私よりも2つ上。団塊の世代ど真ん中。
この歳になると何か社会貢献できないか、考えますよねと会話は盛り上がった。

「青写真今から作りますので、出来上がったらまたお知恵を拝借・・・」
そう約束して別れた。

立春の焚き火?がもたらしてくれたいい出会いだった。
driver.jpg
これは私が再び始めるキッカケになった人物のティーショット。

10年ぶりにコースへ出た。
もう少しいいスコアで上がれるかなと思っていたのだが、
そんな簡単なものではなかった。
60と57。
始めた頃のスコアになってしまったのは少しショック。
歳を重ねたのと握力をはじめゴルフをする筋肉がなくなったせいであろう。
おまけにトラブルに見舞われて・・・
kutsu.jpg
足を怪我したわけではなく、靴がパックリと口を開けてしまって応急処置したところ。
この靴、高かったんですよ~~。
10年程前に新調して1回しか使ってないのに・・・・
2万うん千円した記憶があるんですがねえ。
次回は春先になりそうなので、もう少しいいスコアで回れるだろう。
そう楽観視している。
ゴルフもやりだすと楽しいもんですね。
競争心にまた火が付いたような気がする。
家を出る時から(ブルーの商用車・・・)と意識しながら走っていると、
前方に佐川急便の車が進行を妨げるように止まっている。
向こうから数台の対向車。
仕方なく通過を待っていると、最後の車がブルーの商用車。
「ん?」とドライバーさんに目をやる。
すると「ヨーシャンさん?」と声が掛かって・・・
「もしかして、ヨシさん?」
お互いに「初めまして♪」
因みに、ヨシさんは淡路島の自転車仲間「チームぐるぐる」の新メンバーさんです。
初めてなのに気さくないい方でしたので、話が弾んでしまって
仕事の邪魔をしてしまいました(謝)
また今度ゆっくりお話したいものです。

P1020915.jpg
ああ、いい天気だ!けれど風が強く吹いて寒い。
空を見上げるとジェット気流も風で流されている。

 雨の日には 雨の中を
 風の日には 風の中を

みつおさんの言葉を思い出しながら走る。
P1020914.jpg
最近、娘からもらったウォークマンを聴きながら(片耳)走る。
ABBA、リチャード・マークス、セリーヌ・ディオン、矢沢永吉、谷村新司、
葉加瀬太郎、古澤巌、高橋真梨子、井上陽水、サザン・オールスターズ、
MISIA、綾戸智絵、中島みゆき・・・意外と演歌がない(笑)

P1020917.jpg
こうやって写真で切り取ると「ココはどこ?」と聞きたくなるくらい
きれいないいところでしょ!
淡路島へ来られたらどんどん脇道に逸れてみて下さいネ。
きっと再発見に繋がりますよ。

P1020918.jpg
日本海に比べれば大したことはありませんが、ご覧の通りの風。
帰りには尾崎からパルシェの方に向いました。
背中を風が押してくれて速いの何の。
これが私の実力?!(笑)
自転車を始めて2年半足らず。
ココに来てやっと股関節でペダルを回すということがどういうことか、
身体で感じる事ができるようになった。
私の場合、太腿が異常に痛くなるようで気になっていた。

一月のある日、久し振りにciccio師匠に偶然出会い、岩屋から志筑まで
引っ張らせていただいた。
1001110612.jpg
坂道は除いて、約28km/hくらいで走って来て津名IC前で休憩。
「師匠!太腿痛くないですか?」
『いや、全然!』
そう答えた時の師匠の目が、
”今頃なにゆうてんねん”と言ってるのが判った。
この時からもう一度イチから出直しだと、ハウツー本を穴があくほど読んだ。
ああ、根本的に間違ってる!
【股関節で回す】
【正しい猫背】
今年一年はこの練習に懸けよう。
先日は近くまで行きながら気づかずに帰ってしまったのであります。
確か昨年も新聞の地域版に紹介されていて有名な「江井東桃川のこいのぼり」
どうにか今年は間に合いました。
090428b.jpg
〈クリックで拡大〉
うまい具合にこの発案者の方にお会い出来たので色々お話をうかがった。
「強風で何処かへ逃げる鯉もありますね?」
「そうやねん。何処かへ逃げて行ってしもたわ」
「これだけのこいのぼりを泳がせるのは大変でしょうね?」
「あの支柱は4立方メートルものコンクリートで固めているのと、張る時にはダンプに
土を積んでいてもタイヤが空回りして、そりゃ大変なんですわ」
「淡路人形浄瑠璃もそうですが、実際は15キログラム以上もある人形を軽々と
操作していることを知って見るのと知らないで見るのとでは大きな違いが生れます。
こいのぼりもそういったご苦労があることをお知らせするといいのではないでしょうか?」
「そうやなあ、それはいい方法かも知れんな」
村おこしのことについて私なりの考えを申し上げて意気投合して別れたのであります。
また今度、改めてお知恵を拝借に来なければいけません。
090428c.jpg
黄色の花は驚くほど良く似た花です。
ひとつは草、ひとつは木です。
白い花はフジの一種なのかなあ??

090428a.jpg
帰ろうと思っているのに花たちがなかなか帰してくれないのであります。
この藤棚、欲を言えば柱が木材だったらもっといいのになあ。
P1010041.jpg
今日は近場をのんびりと散策。
当てもなくブラブラしているといつの間にか、
以前から立ち寄ろうと思っていた喫茶店「イー・アイ」さんの前に来ていた。
入るなり「カレーライスを!」と言ったら、「トッピングは何にしましょ?」と。
どうやらカレーライスが得意のメニューらしい。
よく聞いてみると野菜が中心のカレーなのでトッピングを選んでもらっていますとのこと。
P1010046.jpg
カレーライスの写真は撮り損ねたが、今はこんな展示がされている。
常時何かの展示がされているそうで、そういったつながりでお客様が増えているようだ。
暫くすると、外で作業中のご主人が話し相手にと中に入って来られて、
温厚そうなヒゲの紳士との話が始まった。
定年退職後の道楽で喫茶店をされて三年ほどになるらしいが、
どうやら話の内容から察するとどこかの学校の先生だったような気がする。
私が、「人生は100までとして60歳前のこれくらいからが本番のような気がしています」
とお話したところ「京都大学の誰某の著書にもそういったことが書かれていて・・・」との
即座の反応に気を良くした私は、この方とお近づきになりたい!と強く思ったのでした。
今度は家内とも一緒に来ますと申し上げて店を後にした。
P1010048.jpg
高槻ご出身の感じのいいご夫婦が接待してくれます。
マウンテンバイクをお持ちだとか・・・。
P1010057.jpg
ここから次は岩上神社に立ち寄り帰宅したのが夕方5時ごろ。
今日の夕飯は私の当番らしいのでちょっと腕まくり(笑)
異常に暑かったり・・・どうも気温の変化が顕著な気がする今日この頃であります。
先程までよく晴れていたのに雨でも降りそうな曇り空に、改めてパソコンで天気を確認して
出掛けたのでありました。
風速4m(北西の風)らしいので大したことがないと思って西浦を時計回りで岩屋方面に向かった。
何が何が・・・この向かい風は何なんだ?!
4m/hの風ではあるまい(ブツブツ
岩屋に近づいた頃には最悪で時速20kmを割ってしまったのであります。
寒いわしんどいわの30キロメートル、約1時間ノンストップ走行。
いつもより時間がかかったのは言うまでもありません。
P1010016.jpg
その分、帰りはきっと行け行けラクラクであろう。
正しく予想通りの追い風にスイスイと走ることができた。
ところが、いつものコトながら寄り道をしてしまうのであります。
途中、畑を小型テーラーで耕している男性を発見するや、近づいて行って
話しかけ約30分の談笑。
神戸から移住されて8年だそうで、淡路島の閉鎖的な人間性を指摘されてしまった。
私にはよくされる「あなた淡路島の方?」の問いかけに、
『勿論、淡路島人です!』と胸を張って答えます(笑)
またお会いしましょう。
楽しい時間でした。

しばらく走りますと、写真に撮って!と花たちが・・・
P1010021.jpg

P1010025.jpg

P1010027.jpg
淡路島では珍しいはなみずきの花。
西浦は明神からこちらに嫁入りして来られたという品のいいおばあさんと暫し談笑。

P1010034.jpg
そして、帰宅後・・・
畑に行って玉葱たちにミネラルシャワーをあげて、さあ今から出勤だ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。