上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローカルな話題なので地元にいる人にしか解らないだろうが・・・。
南あわじ市緑町の高速バス駐車場に車を置き、先ずは下りの坂道。
国道28号線広田の交差点を真っ直ぐ抜けて、洲本ゴルフ倶楽部の
方へ進む。白土山を越えると洲本市千草地区になる。
tikusa
ご覧の通り、きれいに護岸工事が行われているのは、あの台風23号が
この辺り一帯を氾濫させたためだと聞かされた。
コンクリートで覆われた河川は好きではないがいたし方がないことかも知れません。

気温がどんどん上がって来ているのか、少し汗ばんできた。
ウィンドブレーカーを脱ぎ、古茂江地区へ抜ける最初の上り坂。
この坂を登り切ったら洲本の旅館街とサントピアマリーナだ。
走り始めたばかりというのもあって難なくこの坂は通過することができた。
後は由良の町までなだらかな海岸沿いの道が続く。
どこかで一服してから灘までの山越えを・・・と思いながら走っていたのだが、
いつのまにか(笑)一気にモンキーセンターも過ぎてしまった。
とは言っても結構登りのきつい坂が続いたので速度は極ノロ。
suiheisen
こんな水平線を見ていると、「ああ、あの向こうはとてつもなく大きな滝になっていて・・・」
という笑い話を思い出す。
でも水平線の近くの船がいつの間にか消えると、「確かに・・・」とも思える(笑)
この辺りはなだらかな海岸線。少し力を入れると時速30キロは簡単に超えてしまう。
風もあたたかく爽やかないい感じである。
やがて向こうに見えて来たのが国生み伝説の島「沼島(ぬしま)」である。
nushima
こうして見ると緑や青、色々な海の色がそのロマンをかきたててくれる。
ホントにいい所に住んでいるなあ、と実感。
そんな悠長なことを考えている内に、最後の難関?(自分としては)である灘大川の
心臓破りの坂が近づいて来た。
いやだなあ、と思ってもこの坂を乗り越えなければ明日はない☆ヾ(-Θ-:) オイオイ何のこっちゃ?
その前にこの絶景!
海がキラキラと輝いて・・・
nada
ず~っとこの海岸線を走れたらいいのですが・・・。
この後、最後の坂を克服した私は、生まれ育った阿万の地を通り過ぎ、
国衙交差点を右折し、一気にスタート地点の緑パーキングへ。
ずいぶん走ったなあ、とメーターを見るとたった65.70キロメートル。
なあんだ、たったそれだけかい!
結局、1時半に出発してもどってきたのが4時50分。
もっと鍛えなきゃ・・・。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。