上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新聞折込広告でみた「珈琲家if」さんの場所が変わっていたので、
早速覗きに行くことにした。
北北西の風だということで、時計の逆周りで東海岸を北上。
P1000617.jpg
P1000621.jpg
やっぱり以前は国道沿いにあったお店であった。
あの場所よりコチラの方が海も見えてずっといい。
広々とした店内で随分落ち着くお店である。

お店を出ると北よりの風が強くなっていて
ああ、いやだなあ!と思いながらもお尻に鞭を入れた(笑)
すると案外その風が気にならなかったのは、下ハンドルに違和感を感じなくなって来たからだろう。
岩屋を周って西海岸へ・・・と思いながらも坂道を選んだら、
昨年、この場所で地元写真家が撮っていた桜の樹に出会えた。
P1000626.jpg
この後、景観園芸学校横を通り、西海岸へ出てまた下ハンで颯爽?と走って帰った。
風の影響全くなし、と言ってもいいくらいの一日でした \(^o^)/
スポンサーサイト
2009.03.26 風の精
「風の精」なんて字違いなんですが、うまく走れないのは風のせいなんです。
何でもそうですが、うまく行かないのは「人のせい、物のせい」にしたがるのは
能力のない人のようです。
例に洩れず、風のせい、自転車のせいにしている人がココにいます(笑)
ああ・・・
P1000609.jpg
大町から岩屋までの約30kmをご覧のようなスピードで走れたのは、
勿論追い風のお陰。
その代り帰りはおまけがつくぐらいの向かい風にアップアップ!!
途中からあきらめてボタリングし、桜のキレイなお寺へ・・・
P1000613.jpg
咲いていたのは彼岸桜で、他の桜はあと一週間後くらいになるとのこと。
撮影が終わった頃、ご住職がにこやかに話しかけて来られて、
「昔、私も自転車に乗っておりました。今でも自転車だけは置いてあります」
「へえ~~、ではまた走られたら如何でしょうか?」
「そうですね~、走らないといけません。ご覧の通りの身体ですからねえ」
「私の仲間が10人くらいいますので、一緒に走りましょう!」
しばらく話し込んでいると世の中は狭いものですね。
私の先輩でやはりお寺のご住職がいるのですが、お知り合いでした。
ホント、悪い事はできませんね。
桜の満開時にまた寄せていただきます、と言って失礼をしました。
2009.03.24 股下83cm
サドルの高さを調整するためには股下の寸法が必要とのこと。
拙者身長が175cm、股下は標準的な83cmでしたので、
83×0.88=73cm←これが教科書的「サドル高」。
で、早速測ってみると・・・
今よりも2cmも高くしないといけません(だいじょうぶかなあ)
まあ、いっぺんやってみよう!
東浦方面まで試走しましたが、矢張りシックリ来ません。
で、1メモリだけ下げることにした。
すると今度はバッチリ!
P1000515.jpg
東浦バスターミナルの北約100mのところにあるコチラのお店で、
手づくりサンドイッチを食べて帰りました。
P1000514.jpg

帰宅後、サドルの高さを測ってみると【72cm】でした。
赤い自転車も合わせておかなくちゃ・・・

累計走行距離13,253kmプラス428,7km。
2009.03.21 ま、いっか。
P1000597.jpg
昨日、彼岸の中日でお墓参りに行った帰りに淡路島最大の本屋さんに立ち寄り、
「八甲田山」で有名な浅田次郎さんの「ま、いっか。」とロードバイクの指南本を買った。
”我は天を見放したか・・・”ん?ちょっと違う(笑)
同じ26年生まれということもあってか、本の内容にはいちいち頷いてしまう。
今度はDVDで「地下鉄に乗って」を見たいと思っている。

そんな訳でゆうべからロードバイクの本と併せ読みしながら、
今日の朝が待ち遠しかったのである。

  「セッティング&フォームが痛みのない走りを作る」
  「骨盤を起こし肩甲骨を開けばもっと快適に走れる」
         ・
         ・
         ・
  うんうん、なるほどなるほど。

ちゃんと読まないうちから「ま、いっか。」(笑)
こんなにいい天気で出勤まで3時間ほどある。
走るが先!
ちょっと岩屋まで行って来た。
P1000594.jpg
約67キロメートルの行程であった。
P1000595.jpg
いたるところでモクレンの花が咲いている。
どうしてもスターダストレビューの歌を思い出してしまう。
2009.03.20 三角ホー
いつ頃できたのものなのか、便利な物があるものだ。
P1000590.jpg
「三角ホー」と言う。
ホーッ!なんて言わないでよ。
草取りにこんなに活躍するとは思いませんでした。
楽しくて調子に乗ってたら大事な玉葱まで切ってしまう羽目に・・・

P1000593.jpg
昨年生れて初めて自分で作って収穫した有機無農薬80ミネラル畑。
こんなサナギがいるのだが、益虫?害虫?
どなたかご存知ありませんか?
昨夜、天気予報を見ていて
「明日走らなければいつ走るのか」と思わせるほどの天気図一面の晴れマークにウキウキ。

ニューバイクでハートモニターも付けて・・・♪
郡家経由で慶野松原を過ぎ一気に福良まで走った。
P1000568.jpg
福良は観潮船乗り場手前にあるかまぼこ屋さんで少し腹ごしらえ。
P1000570.jpg
咸臨丸を眺めながら食べていたのだが
「平日だというのに人が結構いるんだなあ」と感じる。
そして人の流れはかまぼこ屋さんの並びのエルムという喫茶店へ集中している様子。
エルムさんは、あれ、ん~~とあれで有名なんですよね・・・
ああ、忘れちゃった(笑)

しっかり一服した後に次はうずしおラインを通って門崎を目指します。
大した坂じゃないやん、と言いたいところですがなかなかのものです。
アップアップ言いながらやっと着いたというのが正確なところです。
P1000572.jpg
証拠写真を撮り、直ぐに今度は阿那賀を目指して・・・
ああ、みんなはこの坂道をどのくらいのペースで登るのかなあ?
そんなことを考えながら自分の不甲斐なさに嘆きながらエッチラオッチラ(笑) 
何とか坂道も登りが終わって思い切り下り坂。
速度を見ると60km/h近く出ている。
タイヤが細い分、ドキドキしているのがよく解る。
モーターバイクで120km/h以上で走っていたことがウソみたいな怖さだ。
P1000576.jpg
途中のパン屋さんで美味しそうな「イチゴ大福」をみつけた。
かみさんにも買って帰ろうかと思ったが、この暑さ、あきらめた。

この後、湊に入り掃守~鮎原~大町と帰った。
結構、疲れたかも・・・
P1000557.jpg
2日前の新聞に上のような記事がありました。
「そうだろうなあ、私が始めたからなあ・・・」
どこかでお店に入っても、私が入った途端に忙しくなるんですよね(笑)
こんな風に思う人は私だけではないと思いますが、
私の場合は【本当】なんです(どこまでおめでたいのか(;^□^)あはは…

さて、自転車に乗り始めたのが約二年前のこと。
55歳の時であります。
高校時代には約8kmの道のりを雨の日も雪の日も3年間ずっと変速機付き自転車で
通いましたので、「もう自転車はいい」と思っていたのですが、
ある日のこと同じ職場の方からお誘いを受けて、渋々久し振りに
変速機付き自転車に乗ることになったのであります。
すると、大した坂でもないのに登れないのでありました。
思いのほかの筋力の衰えにガックリ来たのは言うまでもありませんでした。
このことがキッカケで今に続いているのでありますが、お陰でタバコも止められましたし、
随分健康にプラスになっているようであります。

欧州では2~3割が自転車が趣味だとか。
日本ではせいぜい2%なんですって。
これからもっと私のような変わり者?が増えて環境維持にも役立てればいいのに・・・と
思ったりなんかしている今日この頃であります。

啓蟄も過ぎ、やっと春らしい天気になった今日(3/10)、
北風らしき風は強かったものの全く寒くなく、快適に明石のサイクルショップ
CYCLE PRO SHOP135」さんまで携帯ポンプを買いに行って来た。

P1000529.jpg
高速道路料金が値下げされることで利用客の減少が心配される
明石フェリー(通称:タコフェリー)から明石海峡大橋を望む。

P1000531.jpg
今までのポンプは付けられずこんな形で携帯していた。
このウェストバッグは単車に乗っていた時の物であるが大事に置いておけば
意外と役に立つものである。
でもちょっと気になって走行に集中できないのも事実であった。
P1000530.jpg
で、今回はご覧の通りスッキリと納まって・・・ \(^o^)/

お店に行けばいつも何らかの店長のアドバイスが受けられるところが他店にない魅力のひとつ。
今回は、ペダルを引き上げる時の注意点を指導していただいた。
ハンドルを膝蹴りするつもりで・・・
その言葉に、昔、私がキックの鬼「沢村忠」だった頃のことを思い出しヾ( ̄o ̄;)オイオイ
その通りに走ってみた。
すると・・・
帰ってから確認してビックリ!
P1000532.jpg
ケイデンスMAX199だってホンマカイナ?(¬з¬)


2009.03.07 読書百遍
午前9時半。
外は曇り空。
どうしたものか?
お昼まで二時間か・・・。
ええ~い、行こう!!
10時に出発したら風はやや北風。
帰りが向かい風、はイヤなので東浦方面へ向かうことにした。
タイヤの空気圧を少し高目にしたのもあって向かい風何するものぞ(笑)と快走するも、
スピードメーターは表示されているのにケイデンスが出ない。
ああ、これでもかこれでもか・・・何度触ってもウントモスントモ言わないではないか。
仕方なく、サイクルプロショップ135の店長さんに電話。
あっという間に解決。店長さん流石です。感謝!!
で走り出したら、今度はスピードが・・・なんでやねん???

P1000519.jpg
結局、帰ってから取説を何度も読むことで段々理解できるようになって来た。

先ずはよく読むことが大事ですね。
何とかなるだろうでは何ともならないのでした。
読書百遍でもなかなか身に入らない歳になって来ました(悲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。