上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月28日走行の続き・・・
P1010080.jpg
江井という所には全く馴染みのないことが良く分かります。
だってこんな美味しそうなお店を知らなかったのですから。
看板によると【文久元年創業】とあります。
西暦1861年・・・どんな時代だったのか?
前年には【桜田門外の変】があり、翌年には【生麦事件】
勝海舟が38歳、緒方洪庵51歳、近藤勇27歳、渋沢栄一21歳。
徳川家茂が15歳で和宮親子内親王との結婚がこの年であります。
P1010077.jpg
お店に入りますと美人で愛想のいいお嬢さん?お嫁さん?奥さん?が
気持ちよく迎えてくれました。
文久の話をしますと現在で5代目当主だとのこと。
お父さんなのかご主人なのかを尋ねるのを忘れたのでした。
酒むし饅頭が有名なようで
これだけ買って・・・と思っていたのに他の饅頭もうまそうなので
つい買ってしまったのであります。
P1010075.jpg
アンが上品な味で私の口によく合っていて実に美味い(笑) 
自転車で疲れたらちょっと立ち寄って一服されるのがよろしいかと・・・。
P1010123.jpg
どうです?美味しそうでしょ!!
スポンサーサイト
先日は近くまで行きながら気づかずに帰ってしまったのであります。
確か昨年も新聞の地域版に紹介されていて有名な「江井東桃川のこいのぼり」
どうにか今年は間に合いました。
090428b.jpg
〈クリックで拡大〉
うまい具合にこの発案者の方にお会い出来たので色々お話をうかがった。
「強風で何処かへ逃げる鯉もありますね?」
「そうやねん。何処かへ逃げて行ってしもたわ」
「これだけのこいのぼりを泳がせるのは大変でしょうね?」
「あの支柱は4立方メートルものコンクリートで固めているのと、張る時にはダンプに
土を積んでいてもタイヤが空回りして、そりゃ大変なんですわ」
「淡路人形浄瑠璃もそうですが、実際は15キログラム以上もある人形を軽々と
操作していることを知って見るのと知らないで見るのとでは大きな違いが生れます。
こいのぼりもそういったご苦労があることをお知らせするといいのではないでしょうか?」
「そうやなあ、それはいい方法かも知れんな」
村おこしのことについて私なりの考えを申し上げて意気投合して別れたのであります。
また今度、改めてお知恵を拝借に来なければいけません。
090428c.jpg
黄色の花は驚くほど良く似た花です。
ひとつは草、ひとつは木です。
白い花はフジの一種なのかなあ??

090428a.jpg
帰ろうと思っているのに花たちがなかなか帰してくれないのであります。
この藤棚、欲を言えば柱が木材だったらもっといいのになあ。
P1010041.jpg
今日は近場をのんびりと散策。
当てもなくブラブラしているといつの間にか、
以前から立ち寄ろうと思っていた喫茶店「イー・アイ」さんの前に来ていた。
入るなり「カレーライスを!」と言ったら、「トッピングは何にしましょ?」と。
どうやらカレーライスが得意のメニューらしい。
よく聞いてみると野菜が中心のカレーなのでトッピングを選んでもらっていますとのこと。
P1010046.jpg
カレーライスの写真は撮り損ねたが、今はこんな展示がされている。
常時何かの展示がされているそうで、そういったつながりでお客様が増えているようだ。
暫くすると、外で作業中のご主人が話し相手にと中に入って来られて、
温厚そうなヒゲの紳士との話が始まった。
定年退職後の道楽で喫茶店をされて三年ほどになるらしいが、
どうやら話の内容から察するとどこかの学校の先生だったような気がする。
私が、「人生は100までとして60歳前のこれくらいからが本番のような気がしています」
とお話したところ「京都大学の誰某の著書にもそういったことが書かれていて・・・」との
即座の反応に気を良くした私は、この方とお近づきになりたい!と強く思ったのでした。
今度は家内とも一緒に来ますと申し上げて店を後にした。
P1010048.jpg
高槻ご出身の感じのいいご夫婦が接待してくれます。
マウンテンバイクをお持ちだとか・・・。
P1010057.jpg
ここから次は岩上神社に立ち寄り帰宅したのが夕方5時ごろ。
今日の夕飯は私の当番らしいのでちょっと腕まくり(笑)
異常に暑かったり・・・どうも気温の変化が顕著な気がする今日この頃であります。
先程までよく晴れていたのに雨でも降りそうな曇り空に、改めてパソコンで天気を確認して
出掛けたのでありました。
風速4m(北西の風)らしいので大したことがないと思って西浦を時計回りで岩屋方面に向かった。
何が何が・・・この向かい風は何なんだ?!
4m/hの風ではあるまい(ブツブツ
岩屋に近づいた頃には最悪で時速20kmを割ってしまったのであります。
寒いわしんどいわの30キロメートル、約1時間ノンストップ走行。
いつもより時間がかかったのは言うまでもありません。
P1010016.jpg
その分、帰りはきっと行け行けラクラクであろう。
正しく予想通りの追い風にスイスイと走ることができた。
ところが、いつものコトながら寄り道をしてしまうのであります。
途中、畑を小型テーラーで耕している男性を発見するや、近づいて行って
話しかけ約30分の談笑。
神戸から移住されて8年だそうで、淡路島の閉鎖的な人間性を指摘されてしまった。
私にはよくされる「あなた淡路島の方?」の問いかけに、
『勿論、淡路島人です!』と胸を張って答えます(笑)
またお会いしましょう。
楽しい時間でした。

しばらく走りますと、写真に撮って!と花たちが・・・
P1010021.jpg

P1010025.jpg

P1010027.jpg
淡路島では珍しいはなみずきの花。
西浦は明神からこちらに嫁入りして来られたという品のいいおばあさんと暫し談笑。

P1010034.jpg
そして、帰宅後・・・
畑に行って玉葱たちにミネラルシャワーをあげて、さあ今から出勤だ!

P1000886.jpg

雨の多かった春先がうそのようなここ数日の好天に
タイミングを逃してはならないと思い、月曜日からの5日間を
連続でトータル約400km走行して来た。
アルバムが下記にできましたので、よろしければどうぞ!
「2009春爛漫!淡路島ぐるぐる」
P1000658.jpg
大町を出て津名一宮IC横を通り、高速道測道を北へ登って行く。
パルシェ香りの館に向かっての坂道は苦手な道のひとつだ。
今日はパルシェまで行かず途中で左折し、淡路CCへの分岐点を目指す。
途中でキンギョソウ?の花畑に目を奪われた。
P1000661.jpg
こうやって見るといかにも広大な土地に・・・と言っても判るまい(笑)
写真の撮り方で随分とイメージが変わるものである。
P1000663.jpg
高速道路の側道沿いに登ったり下ったりしながら何とかこんな所まで。
不覚にも汗をかいてしまった。
暖かくなるとの天気予報を鵜呑みにしたのが馬鹿だった。
下る時の寒さと言ったらもう「風邪ひきそう!」でした。
ここから浅野公園を目指します。
何だ!この坂は?!
こんな坂を上る奴は人間じゃねえ、ゴリラだ!と勝手に決め付けて
徒歩で約1kmの急坂を上る(;´д` ) トホホ←ダジャレ(笑)
上ったらそこには桜が満開!・・・ではありませんでした。
P1000669.jpg
7~8分咲きといったところ。
P1000672.jpg
先客で男女7人物語をされていた方々としばし歓談。
カメラ好きのみなさんで楽しそうなお仲間でした。
この後、私は一足先に久野々地区で行われている「案山子祭り」へ。
P1000676.jpg
4月7日まで開催されていますので、みなさんも是非お出かけを・・・。

昨日(4/3)はヒルクライムの一日でしたが、
何となくペダリングが解ってきたような気がしています。
◎小手先ではなく小足先で漕がないこと
◎股関節を中心に回す
◎太ももを上げる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。