上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P1030175.jpg
今年もやって来ました。
那珂川センチュリーラン受付ハガキ。
今年で三回目の参加です。
今までの2回よりはいい走りが出来るだろうと自負しています。
早くその日にならないかなあ。待ち遠しいなあ(まるで子供やなあ)
P1030174.jpg
今日は走る予定ではなかったのだが、注文していたバックミラーが届いたので、
早速付けて試乗してみることに・・・ああ、よく見える!!
気のせいかスピードも若干速くなったような気がする(んな訳ないやろ(`_`)ノ゛バシィィィィィ!!!!)
スポンサーサイト
時計と逆周りに志筑から岩屋を経て都志・・・そして大町。
P1030162.jpg
ν KNIGHT さんと一緒に走るのはこれが3回目くらいだったかな。
ず~~~っと、引っ張ってくれたので風も受けず若返ったような走りが出来た。
これぞ「ν KNIGHT マジック」。
都志で別れたあと一人で走ってみてそのことが痛いほど分かった。

北淡中近くのBlackさんとも自転車談義ができたし、天気も最高だったし・・・
ああ、気持ちのいい筋肉痛だ。
P1030159.jpg
雨の予報がうって変わって「くもり時々晴れ」になった。
このチャンスを逃すと次はいつ走れるかわからないので、
走れる時は走るようにしないといけません。
今日のコースは、仲間の「TEAMぐるぐる」のみんなが
楽々と走る柏原山登山コースを思い切り?走ってみることにした。

P1030121.jpg
正面の高い山が柏原山。500~600mはあるのかしらん。
約20年住んでいた千草の風景も川が広くなったり、家が増えて
結構様変わりしている。

ココからだったなあ。
以前、モーターバイクで登ったことがある。
登り始めて直ぐに緩やかな登り坂が続く・・・
(もう既に脚に来ている(笑))
こんな調子じゃとても頂上までいけないだろうなあ、と頭を不安がよぎる。
軽い登り坂のあとは一段と緩い登り坂に気持も安堵。
でも、こんな道ばかりで上まで行けないよなあ?
案の定でした。
来た来た。それなりの登り坂。
ここからが正念場。
「初めチョロチョロ中パッパ、赤子泣いても足着くな」という格言通り、
今にも心臓が止まりそうな状態でも何とか降りずに頑張っている。
スピードメーターは最早6~7km/hで止まる寸前である。
たぶん、心拍数は160を超えているはず(220-59歳)。
あと10年若けりゃなあ・・・ブツブツ言いながら(笑)我慢する。

P1030122.jpg
ああもうダメ!ここでとうとうストップ。
もう少しでハングライダー場だったと思うのだが・・・。
5分ほど休んで再び登り始める。

P1030124.jpg

P1030126.jpg
やれやれやっと第一目標地点に到着。
うわ~い、いい眺めだなあ。
天気もいいし、遠くまできれいに見える。
ココで昼食タイム。

15分ほど休憩した後、また登り始める。
まだ坂道は続く。
脚は最早売り切れ状態だが、ハムストリングスを使って・・・と
言い聞かせながら脚を引き上げることだけに専念する。
ああ、ココがテッペンかなあ。
右側へ行くと北の展望台か。
行ってみよう!
下り坂ばかりやなあ。ということは帰りが恐いなあ(笑)

P1030129.jpg
この眺めにしばし疲れも吹っ飛ぶ。
戻りのことをすっかり忘れて(笑)

そして、必死の思いで先ほどの場所まで戻った。
ココから先はきっと下りばかりで由良まで行けるはず。

P1030140.jpg
あの道を通って行くんだなあ。
下って下って・・・
と、思っていたら・・・ああ、また登り(ヘ(__ヘ)☆\(^^;ナンデヤネン
コンクリートのガタガタ道が続く。
結構長く続く。

P1030145.jpg
途中で「威張り放題、いえ伊張砲台跡」発見。
ホンマにこんな名前なの?と思いますよね。

P1030148.jpg
長い長いガタガタ道を過ぎると、やっとの思いで由良。
脚が妙に軽い。
平地がやっぱりええわ(笑)

結局、年寄りにはこの柏原山はちときつかったような気がする。
あと、10年若けりゃなあ(もうエエっちゅうねん)
P1030118.jpg
草刈りをしている後ろからカラスが逃げることなく・・・
そこへ数人の小学生が通りかかったので教えてあげると大受け!
まるでカラスが現場監督みたい。
で、「カラスの勝手でしょ」って言ったとか言わなかったとか(笑)

昨日、今日と連続して走ったのはまた天気がくずれそうだからです。
昨日は当直明けだったので通常は家庭サービスなのだが、それまでにも
全く走れていなかったので思い切りスピードを上げて走った。
途中、十数人の団体さんが前を走っていたので、当然のごとく追い越し!
これだけの人数になったら間をあけて走るべきだろう。
車の人たちが追い越し出来ないではないか、と想像してしまった。

今日も曇りながら暖かかったので結構汗をかいた。
おかげで体重も70.4kgまでガタッと落ちてくれた。
P1030112.jpg
花の博覧会?でバスが何台も・・・
もっと咲け花たち、春本番でっせ~!
2010.04.13 善ベエの里
P1030074.jpg
善ベエさんに会いたかったのですが生憎のお留守。

P1030075.jpg

P1030073.jpg
こんな山の中の広い場所をよくもまあお一人で・・・
何かお手伝いしたいものです。
今度はお会いできますように・・・。
P1020962.jpg

P1020966.jpg
それも言うなら、「♪岬めぐりの~・・・」(笑)
桜が一気に満開となって、例年の如く方々のスポットを
慌てて廻らなければならなくなってきたようだ。
山の上下で多少の時期ずれがあるかも知れないが、狭い
淡路島では全体が一気に・・・と言っても過言ではないだろう。
いつか、淡路島が桜の島と呼ばれるように今から植樹をして行くのもいいのでは?
淡路島観光協会が発足したと聞いた。
単発的なイベントではなく10年、20年先を考えたものに取り組んで欲しいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。