上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P1050223.jpg

今日、コンビニに行ったら窓に貼られた大きなポスターをみつけた。
チラシがあるだろうと思って中に入ったらなんとか2枚だけ残っていた。
何で興味を持ったか?というと、この映画の中に「自転車的未来へ」とのことで、
あのツール・ド・フランスでヨーロッパ出身以外で初めてチャンピオンになった
グレッグ・レモン氏が登場することと、「自発的治癒力」というタイトルで
統合医療の第一人者アンドルー・ワイル博士が登場すること、そして
伝統的自然農法を実践される高野孝子さん・・・と、どの人もこの人も
私の好奇心を満たしてくれる人たちばかりだということです。
まあ、一番はグレッグ・レモン氏であることは言うに及びませんが・・・。
彼は、1986年にチャンピオンになってから事故で散弾銃により瀕死の重症
を負うも、銃弾を全身に残したまま1989年奇跡の優勝を果たした人物だとか。

来る3月13日(日)14時から 東浦サンシャインホールにて
チケットなしの当日券1,000円だそうです。

自転車で通りかかったら覗いてみませんか?
スポンサーサイト
あれは自転車を始めた歳のことだった。
妻と二人で何とかここまで辿り着いたものの直前の坂道がとてつもなく急坂に見えて
断念し、自転車を押して上ったことを憶えていた。
あれから4年。着実にパワーアップしている自分に満足している。
「なあ~んだ、こんな坂だったのか」なんて偉そうなことを言っております。
さて、肝心の枝垂れ梅は・・・
P1050193.jpg
まだまだです。
ご主人のお話では3月末には満開、大満開になるだろうとのこと。
そして樹齢は60年。奇しくも私と同い年。
きっとまた改めて満開の時に来なくちゃいけません。

P1050194.jpg

P1050195.jpg

入り口にあった柊の木。
私より6歳若いご主人と二人で「ほら、クリスマスの時に使う・・あの、ええっと・・・」
なかなか出てこなかった「リース」という名前。
やっと出て来て二人で苦笑い。
ご主人のお人柄がこの木にも映っているような気がしました。
P1050192.jpg

P1050196.jpg
この葉っぱは正しく「ヒイラギ」を現していますよね。
誰がつけたかうまい名前を付けたものです。

今日も行きはヨイヨイ、帰りはコワイでした。
冬の三原平野、向かい風だけは避けましょう(笑)
2011.02.15 IS04 REGZA PHONE
日曜日に待望のスマートフォンが届くというので、
ひょんなキッカケでお気に入りになった店員さんのいる明石は
大久保の上新電機さん内auショップに出掛けて来た。

P1050164.jpg
IS04 REGZA PHONE

昨日は仕事が休み。
でも畑仕事が待っている・・・
準備をして出掛けようとしたら、何やら白いものがチラホラ。
あちゃ~、雪だあ~。
ま、いっか!
今日は引きこもりじゃあ~!!
てな訳で終日スマートフォンで遊んでしまった。

P1050166.jpg
外を見ると見る見るうちに雪が積もって・・・

P1050173.jpg
うわあ~~っ!スゴイなあ。

P1050171.jpg
これじゃあ、仕事の人も帰りが大変だろうなあ。

そんなことは関係なく、ただひたすらタップタップ(笑)
実家の南あわじ市阿万までは追い風でス~イスイと、
軽く踏んでも30km/hが出て気持ち良かったのだが、
その分戻りはイヤになるくらい進まない。

で、玉葱の苗を分けてくれるところがないか、
キョロキョロしながら帰ることにした。
途中、耕運機の小さい様もので畝と畝の間を鋤いているのを見て、
「何をされてるんですか?」と質問したら
「玉葱の土に空気を入れてやってるんや」って。
そうなんだ。
手間隙掛けないといい玉葱ができないんだ、とあらためて知った。

苗は見つからないまま走っていると・・・
P1050139.jpg
きれいにしてますね~~。
P1050140.jpg
人がいるので声掛けてみよう。
「レタス、いい値してますかあ?」
「ええ、いいですよ~」ガクッ!
(普通なら、良くても『ボチボチでんなあ』って言うんじゃないの)
あっさりしたご主人に話が弾んで、
「それにしてもみなさんキレイにナイロンを被せてはりますよね?」
と聞いたところ、意外な答えが返って来た。
「いやあ、最初は風に飛ばされたり色々苦労したんですよ」って。
ああ、そうなんだ。
何でも、初めからうまく行くものじゃないんだなあ。

習うより慣れろですね。

もう一枚、見事なレタス畑をご覧あれ!
P1050141.jpg

今日も約80km、全然寒くなくて気持ちよかったなあ。
明日も午前中に走ると致しますか!
久し振りに五色町の友人宅へ行く途中、懐かしい建物に出会った。
P1050115.jpg
子供の頃、私の家の近所にもあった牛乳の集荷所である。
こうして残っているところをみると、最近まで使われていたのかも?

友人宅で用事を済ませた後、ユーターンして急遽「白巣城跡」へ行くことにした。
この名前から昔の映画、三船敏郎主演の「蜘蛛の巣城」を思い出したりする。

今までに何度かモーターバイクで登ったことがあったので、しんどい坂であることは
認識していたつもりだったが、上り始めていきなり脚を着いてしまった。
(こんな坂、まんべさんくらいしか登れないわ・・・)と心の中で呟いた。
これだけの坂は何年経っても登れるようにはならないだろう、というのが実感だ。

P1050117.jpg
それでも何とかここまで登って来た。
ココから先はどんなんかなあ?

P1050119.jpg
いつの間にかこんなのが出来ていた。

かなりコンクリートの悪路、もうガタガタもいいところだ。
時々、葉っぱの上に乗ってしまって後輪が空回りする。
途中で「ああ、もうここで一休みさせて~~~」、とギブアップしてしまった。
ヒーヒー言いながら入口まで何とか到着。

P1050130.jpg
これまたとんでもなく急な階段やなあ。
自転車を担いでいると後ろへ引っ張られそうになる。
上り切ったらあとは山道をエッサホイサと・・・ええ、運動になる(苦笑)

P1050122.jpg
城跡とはホントに城跡だけ。

P1050120.jpg
これも「立岩」だけ。
どうせなら○○の立岩みたいに何か印象に残る名前でもつければいいのに・・・。

P1050134.jpg
帰りには違う道を、と思っておりかけたらきれいな水の池発見。

P1050135.jpg

P1050137.jpg
私の知らない間に、こんな水車小屋までできていた。
連絡してくれなきゃ(笑)
P1050102.jpg
家の前の池には薄氷が張っている。
でも天気予報では3月下旬の気温になるとのこと。
お昼から出掛ければきっとポカポカと・・・
案の定、今日は最高の走り日和。

P1050100.jpg
途中、いい感じの田舎の景色に目を奪われる。
これが淡路市のいいところだと思っている。
4日連続での走行に筋肉は悲鳴を上げているが、こういうのを「痛気持いい」と言うのだろう。

しばらく山間部を走っていると・・・

P1050109.jpg
竹やぶの近くで火を発見!
暫く見ていたが、(危なそうだなあ。声掛けしよう・・・)と降りて行った。
「大丈夫ですか?」
『ええ、大丈夫ですよ』と気楽な返事に(私なら焦っているなあ)と心の中で呟いた(笑)
どうやら、道に覆いかぶさっていた竹などを刈ってあったらしく、
今日は風もないので燃やそうと思い立ったらしい。

こんな作業を有志を集めて全島的なものにしたいとここ2~3年考えています。
そんな私の思いをお伝えしたら、
「大賛成です。私も社会に何か貢献したいと思っています」とのこと。
そして、この3月までは町内会長さんらしいのですが、それからはワタクシとして
地域に貢献したいなあと考えていたとのことでした。
年齢は私よりも2つ上。団塊の世代ど真ん中。
この歳になると何か社会貢献できないか、考えますよねと会話は盛り上がった。

「青写真今から作りますので、出来上がったらまたお知恵を拝借・・・」
そう約束して別れた。

立春の焚き火?がもたらしてくれたいい出会いだった。
一昨日は9℃、昨日は10℃、そして今日は・・・?
今朝の霜は気温があがる前兆《キャプテン・ゴンさん日記》(イヒヒ
天気予報でも3月上旬の気温になるでしょう、とのこと。
ああ、折角気温5℃対応のパンツが届いたのに(笑)

P1050099.jpg

昨日、一昨日といつもとは違うペダルの回し方をしたので裏側の筋肉が痛い。
基本に忠実に!と猫背、骨盤・・・意識しながら走ると、
何もかも忘れて頭の中は自転車一色だ。

部屋の窓へ入り込む太陽が暑い。
それはもう春そのものの光だ。ヤッホー!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。